結婚式場の下見前に担当者と確認すること

結婚式場の下見前に担当者と確認すること 結婚式場に下見の予約を入れる時に、担当者から聞くべきことがいくつかあります。
所要時間や細かな内容に関しては結婚式場ごとに異なるものですが、大まかな時間や料理に関してはあらかじめ開示されていることが多いので、ホームページ等で確認できます。
聞きたいのはそれ以外のことであり、ドレスの試着ができるのかや、当日個別相談を受け付けてくれるのか、受け付けている場合の時間はどれくらいが予定されているのかを確認すべきです。
また、費用無料と書かれていない場合には費用面についても聞いておきましょう。
料理が付いていても試食程度ならお金がかからないケースがほとんどですが、本格的なメニューになると格安料金で食べられるようになっていることが多いようです。
人気のある結婚式場では希望している日程が既に埋まっている可能性もあるため、これから予約を入れるとなると希望の日程で問題無く調整できそうかも併せて確認しておくことが大切です。

結婚式場を下見するときは事前連絡をすることが必要です

結婚式場を下見するときは事前連絡をすることが必要です 結婚式場を下見するときは、事前に連絡をすることが必要です。
同じように挙式をしたいと考えているカップルが見学や相談に来ていますから、予約をせずに出向いてしまうと、見学できる場所が限られてしまうことがあるからです。
また事前に連絡をしておけば、担当者が準備をしてくれているので、効率よく見たい部分を回ることができます。
結婚式場で挙式を挙げているカップルがいるときは、当然ながら中を見学することは難しいので、せっかく出向いても肝心なところが見られないという事態が起こってしまいます。
下見をすることで、結婚式場の雰囲気を直に感じとることができるだけでなく、会場の大きさや参列する人数のキャパシティについても目で見て確認ができます。
パンフレットの写真だけではわからないところも実際に見ることで、理想の結婚式を作り出しやすくなります。
そして結婚式場によっては、披露宴で振舞われる食事の試食ができることもありますから、事前に予約することをおすすめします。